Archive for the ‘旬の食材’ Category

潮風にゲタがゆらゆら

水曜日, 5月 1st, 2013

小豆島の小江地区の漁港では、春の風物詩になっているゲタの干物作りが
あります。

※ ゲタは、地元の呼び名で一般的には舌平目です

漁師さんが目の前の海で獲ってきたゲタを、港で待っている奥様方が手早く下
処理し竹に刺して並べていきます。

漁船を係留する防波堤の上で1列に並べ吊るされると、潮風が薄いピンク色の
魚体をゆらし
太陽の優しい日差しがいっぱいに降りそそぎ、まるでゲタのすだれ
のようです^^

丸1日天日と潮風に揺られると、程よく水分が取れ旨味が凝縮し、夕食の
一品やお酒のつまみとして地元でも大人気です。

ガスコンロかオーブントースターで炙って、本体が膨らんできたら焼き上がりの
サイン!
料理バサミで頭と左右の縁側を切り落とすと身と中骨が簡単に離れます。
※ 焼き上がりはとっても熱いのでご注意を。

ゲタ本来の甘みと潮の風味が素朴でのんびりした小豆島を感じさせてく
れます。
頭も縁側もおいしく頂けますし、食通は中骨を再度軽くあぶって骨せんべいの
ように食べます。
※ 骨が刺さらないようにご注意を!

小豆島ヤマイチで販売しています。こちらから購入のページに移動できます。

お多福いいだこ醤煮 うれしいお知らせ

月曜日, 4月 9th, 2012

毎日放送「ちちんぷいぷい」お多福いいだこ醤煮を取り上げていただ
き放送中の5時から多くの方にご注文をいただき、ありがとうございました。

小豆島ヤマイチとしても、今回のような急に多くの方からの対応は初めて
で、ご注文していただいた皆様には長らくお待たせするなどご迷惑をおかけ
した事を、この場を借りてお詫び申し上げます。

商品が届いた方からは“美味しかった”と言うメールが多数寄せられ、社員
一同喜んでいただけて本当に良かったと話をしています。

テレビの中でも紹介された食べ方として、タコ飯を本当に作って写真に
撮り送っていただいた方もいらして、一層私たちもうれしくなりました^^

その写真を掲載せさせていただきます。

これからも皆様に喜ばれる小豆島らしい商品を作って行きたいと思います。

お多福いいだこ醤煮 テレビ局取材

土曜日, 3月 3rd, 2012

3月5日(月)毎日放送(大阪局)のお昼の情報番組ちちんぷいぷいで旬の食
材を求めて、小豆島ヤマイチのお多福いいだこ醤煮が取り上げられる事にな
りました。

2月某日、取材班とテレビ局アナウンサーの福島さんリポーターになり、
当社に来てくれました。

体験リポートとして、福島さんが当社が誇る腕利き職人の浜崎氏の指導の下、
イイダコのメスの見分け方からスミヌキ・塩もみ・カットと製造工程を順番に体験
しながらイイダコにまつわる話も聞いていました。

スミヌキ作業が難しいようで、悪戦苦闘していました^^
「そんなことでは醤煮は食べることはできんな~」と浜崎氏が優しく言った
のですが、福島氏もいっそう緊張したのか、努力はすれども・・・・・・

醤煮として炊き上がる工程までを体験し、エンジェルロード(天使の散歩道)
の見えるグランドホテル水明の庭をかりて、出来上がった醤煮と醤煮を使った
釜めし・天ぷら
試食と共に地域の事などの会話を撮影しました。

醤煮の出汁を使った釜めしもシンプルですが、タコの風味が味わえるタコ釜めし
に仕上がり、満足の一品に^^

醤煮のタコを一手間かけて天ぷらにすれば、更に美味しい料理に^^

夕方遅くまで撮影は続き、皆さんご苦労様でした。

放送されるのは、3月5日(月曜日)毎日放送「ちちんぷいぷい」の中の特集
“お初にございます” p.m4:50~5:30の間
で出る予定との事。

小豆島では「ちちんぷいぷい」は映らないので、どんな感じで放送されるのか見ら
れないのが悔しいです;;

お多福いいだこ醤煮  150g 1,470円(税込み)
天使いいだこ醤煮(オスのいいだこ) 150g 1,260円(税込み)
は、小豆島ヤマイチホームページ http://yama1.in から購入できます。

今なら、期間限定で温め用に陶器製の釜もプレゼント中です!

○○○○○ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー○○○○○
【お多福いいだこ・天使いいだこの由来】
小豆島の観光地として有名なエンジェルロード“天使の散歩道”近海の小豆
島沖で獲れる
いいだこを特に天使いいだこと呼びます。

その中でも2月頃からメスは頭(胴体)いっぱいに卵を持ち、福(卵)を多く持
つことから
お多福いいだこと呼び特に分けています。

季節の話題 潮干狩り

月曜日, 5月 9th, 2011

4月21日に潮干狩り楽しみました。
毎年5月の連休前後の大潮の日は、島の人々のお楽しみです。

海に囲まれた小豆島、あちらこちらの海岸で潮干狩りをしている風景
が見られます。

観光地で一躍有名なエンジェルロードも、観光客より潮干狩りの人が
たくさん
見られます。

しかし、温暖化の影響か、年々貝も獲れる数が少なくなています。

5月中旬にも潮干狩りの出来る大潮の日が有ります。

みなさんも出かけてみては!!

天使いいだこ醤煮ついに発売!

金曜日, 3月 18th, 2011

小豆島近海で取れる冬の恵いいだこがあります。

イイダコの煮付けを、みなさん食べたことがあると思いますが、自宅で作って
食べるとなると一苦労ですね。

ヤマイチでは小豆島の名物になる物を地元の方と協力し作りたいと思っていま
した。

そこで選ばれたのがイイダコです。
小豆島近海のイイダコを地元の醤油出汁で味付けし、いつでも手軽に食べられ
る工夫をしました。
一緒に添えるものとして、地元で獲れるゲタ(舌平目)すり身団子にして同
じ出汁で煮込みモッチリ食感と出汁の染み込んだふくよかな味をお楽しみいた
だけます。

ひとくちサイズに切ったイイダコとゲタ団子は温めるだけの簡単調理で、お惣菜
としてもぴったり^^

器に取り出し軽くラップをして、電子レンジで5分~6分温めるだけ!
お鍋に移して、ひと煮立ちさせてもOK!

タコを小さく切って、出汁と一緒に御飯を炊いて、たこ飯を作ってもいいですね^^

冷凍で長期間保存できます。食べたい時に簡単調理!

1袋630円のお手頃価格  ヤマイチホームページから購入できます

【天使いいだこの由来】
小豆島には潮が引いた時だけ現れる海の散歩道エンジェルロード
(天使の散歩道)があり、願い事をしながら渡ると幸せになれると言われてい
ます。

天使の散歩道近海で獲れた良質のイイダコを、天使イイダコと称しています。

タイラギ貝ニュース

火曜日, 3月 1st, 2011

ヤマイチ商品の中でも人気が高いのがタイラギ貝です。

インターネットでも人気が高く、リピーターの方も増えています^^

3月1日の四国新聞にタイラギ貝を使った駅弁の記事が載っていました。

四国の駅弁ナンバーワンを決める「四国の駅弁ランキング」で1番人気を
集めたそうで、みなさんに多くの支持を受けているのだと改めて知りました。

ヤマイチで販売しているタイラギ貝柱は、お刺身で食べてよし!スライスして
焼いてもさらに美味い
濃厚で食感の良さが実感できます。

この記事を書いているときは、特大サイズが品薄で、少し小ぶりなサイズを
販売しておりますが食べやすさはこちらのほうが上です。

みなさんも瀬戸内海のタイラギ貝を食べてみてくださいね^^

イイダコの季節

木曜日, 2月 3rd, 2011

小豆島周辺の瀬戸内海は冬でも温暖で穏やかな日が多く、これからの季節に
イイダコが多く水揚げされるようになります。

春に向かい大きくなり、メスは頭(本当は胴体)に卵をいっぱいに持ちます。

煮付け調理が一般的ですが、オリーブオイルとニンニクで炒めハーブ
(バジル等)
と塩で味を調えるだけでもとっても美味しいですよ。

もうすぐ発売 第2弾! いいだこ旨煮

木曜日, 12月 30th, 2010

地元小豆島の素材を生かした商品作りに取り組む中で、今の季節にぴったり
なのがいいだこです。

瀬戸内海で獲れたイイダコは美味しさ抜群! 食べ良いサイズで幅広い世
代に人気が有ります。

タコにはタウリンが多く含まれ、悪玉コレステロールを退治し、血糖値を下げ高
血圧の予防など良い事いっぱい!

地元特産の醤油を使い、じっくりイイダコを煮込みました。
出会い物の里芋もいっしょに^^

少量パック5袋を冷凍保存できるように工夫しています。

【調理も簡単】
●自然解凍し、袋から調理鍋に移し中火で過熱し、煮立てば出来上がり。
●電子レンジでは、袋から器に取り出し軽くラップをして600Wで5分~6分加熱


旬のイイダコを味わってください。新年早々に発売予定で準備中です。
ホームページから購入できるようになります。

瀬戸内海の恵み イイダコ(飯蛸)

金曜日, 10月 22nd, 2010

小豆島の周辺でもイイダコが獲れるようになってきました。

手の平までの大きさで、姿もかわいらしいです。

姿のまま煮付けて食べてもいいし、ガーリックオリーブオイルで炒めてもおいしいです。

春先にかけてイイダコも成長し、メスの頭(胴体)に飯(お米に似た卵)がぎっしり
詰まった物は身の美味しさと、飯の美味しさの両方楽しめます。

瀬戸内海の恵み味わってみませんか?